ホーム / ECR打放しコンクリート保護改修システム

ECR打放しコンクリート保護改修システム

化粧打放しコンクリートは、その重厚でクリーンな質感とデザイン性、すぐれた強度が特徴です。
しかし、工事に携わっている方はご存じのように、理想的な表面状態に仕上げることが非常に難しい仕上げです。
ジャンカ、豆板、コールドジョイント、コーナー部欠損、色ムラ、柄斑などといった施工不良は、
十分な予防措置を講じても部分的発生は避けられません。
さらに、一般的な補修による処理では、補修部分だけ色や素材感が変わってしまい本来の美しさを
阻害してしまいます。
不良状況はそれぞれの現場により千差万別であり、単一メーカーの工法では限界があります。
そこで当社では、数多くある補修工法や資材を用いて独自の研究開発による技術を取得しています。
現場状況に合わせて補修、復旧方法を検討し組み合わせることで補修箇所の目立たない仕上げを完成します。
また、部分補修を可能とすることによって圧倒的なローコストを可能にしました。

下記の商品、工法をベースとして当社独自の施工方法で対応致します。

一般的な不良状況

  • ジャンカ
  • 豆板
  • コールドジョイント
  • 欠損
  • 色ムラ
  • 柄斑

改善状況の実例
16619947892_71c6909281_z>>16620945695_a7ca73cabb_z

16357764388_431a8c681e_z>>16585065381_1870337af2_z-2

16543431949_18da356c9f_z>>16830353105_771a360b13_z

下記の商品、工法をベースとして当社独自の施工方法で対応致します。
(しばらくの間、下記リンクは製造メーカーへのリンクとなります。ご了承下さい。)

二瀬窯業(株) FURシステム工法
大日技研工業(株) ランデックスコートWS疎水剤FC特殊工法
エレホン化成(株) エレホンフィックス工法、エレホン化成コンクリート構造物補修工法
エスケー化研(株) セラミクリートTR-Si工法ほか

Top