27 4月

健康維持


毎年この時期に行う会社の健康診断。
1年に1度ですが、病気の早期発見という主目的以上に健康維持に効果があります。
というのも、検診の日が決まるとその日に向かって健康なからだづくりが始まりますから。私。

夕食の後のポテトチップス、ラーメン、コーラ、アイスクリームは停止。
1日にコップ20杯以上の水素水を飲み、
炭水化物を極力摂取せず、塩分、糖分を控えます。

残り3日ともなると、ほぼベジタリアン。
妻にお願いして検診前夜の夕食はコレのみ。

10時を過ぎると、飲み食いしたくて死にそうになるので子供たちと一緒に、眠ります。
が、寝ようとしても空腹でなかなか眠れません。
静かな寝室に響き渡る低い音。
スヤスヤ眠る長女と息子をはさんで、その向こうに居る妻が言いました。
「今の、おなかが鳴った音やない?」
その通り。
そんなこと言うから笑えてきてまた眠れない。

これ嘘のようなホントの話し。


21 4月

バックアップ



Mid2012モデル。
古いパソコンです。
約5年使い続けても順調。
よく出来てる。
ただ、こんなに長くなると根拠のない不安が芽生えます。
突然止まるんじゃないか、という。
SSDの壊れ方が想像できません。
バックアップはとっています。
それでも、もしもの時復旧には数日かかってしまう。
何度か味わいました。仕事が何も出来ない、何聞かれてもわからない数日間。

で、念のために新しいパソコンをもう一台予備として準備。

未使用の中古品です。
Early2015ですから、2年前のモデル。
最新のMacbook proは、仕事で使うにはちょっと先鋭的すぎて不便。
もともとこの2015年モデルぐらいが完成形だと思っていた程度の良い中古を探していました。
プロセッサとメモリをフルアップグレード済み。
同スペックで最新モデルと比較して約半値です。

USキーボードと新しい感圧式トラックパッド。

usキーボードは以前から慣れていて使いやすさ実証済み。
クリックしても物理的に凹まない感圧式トラックパッドは、
壊れる要素がひとつ減ったと思えます。

parallelsいれてwindows10も快適に動きます。

良いモノを手に入れました。
並行して使っていれば安心です。
これこそ最強のバックアップ。


14 4月

桜満開


4月8日の夜。


夜桜がきれいな自宅裏の桜並木。
翌日9日は日曜日。
毎年この時期には大勢の人で賑わいます。
すぐ向こう側にはたくさんの人が行き交うのに、
この塀は絶妙な高さでプライバシーを守ってくれます。
設計時に生垣でもいいんじゃないかという意見もありましたが、コンクリートにして正解でした。

パジャマ姿でも外の人たちにはバレない。
塀のこちら側も結構賑やか。


散り始めた花びらをいつまでも追いかけます。

ワーワー、キャーキャー。
逆に外の人たちは何事かと思うでしょう。

「金山川チューリップまつり」もこの日にやっていて、チューリップが超格安で売られていました。

妻が玄関ホールに飾りました。

この花台は中古で買った北欧ヴィンテージ家具。
きっと、かなり古いものだと思います。
シンプルだけど、すごく洗練されたデザイン。
きっと、高さや幅や器の深さとかのバランスがきちんと計算されているのでしょう。
こういう、資質を持つ国や文化に憧れます。


10 4月

竹富島


1月に家族で5泊6日の滞在旅行に行った竹富島。
沖縄県のほぼ南端です。
で、また今月行った(^_-)-☆
3ヶ月で2回。
はぁ?って感じですが…
それほど良いところです。

ただ、行くのが大変。
福岡空港から那覇で飛行機を乗り継いで石垣空港まで行き、
そこからタクシーと船を乗り継ぎます。
合計6時間以上。

地図や数字が大好きな長女は終始窓の外を眺めてご満悦。

長男は飛行機の中でも普段と変わらず元気いっぱい、

次女と長男のふたりは空港でもやりたい放題。

あの手この手で気を紛らす事6時間。

最後の船に乗る頃にはもう私と妻はくたびれ果てます。
が、疲れているのは私たちだけ。

宿に着くなり早速プールに付き合わされます。
子供の体力は凄いです、ホント。
で、翌朝…

今回は高齢の母も連れて行ったので、朝食は海岸でいただくオプションプラン。


朝食もそこそこに珊瑚砂の海岸でやりたい放題。


その後お姉様方は、またプール。

遊び疲れた長男はプールサイドで爆睡。

私は3人の見張り役に徹します。

3日目は自転車で島をうろつきます。
妻は長女を後ろに乗せ、私が次女と長男を前後に担いで。

すんなり回れば島一周40分ぐらい。
古くからの集落を散策。


海岸では星砂を探します。

美味しい夕食を食べて、

みんなでお風呂。

今回は3泊4日。
リフレッシュどころかリラックスしすぎて抜け殻のようになって帰ってきました。
また、行きたい。
でも、お金がかかりすぎるのでしばらく我慢。

旅行って記憶に深く残ります。
あとから何度も思い出して楽しめます。
子供たちの記憶の底にも少しは刻まれて、良い経験になればと思います。
私自身、3歳の頃連れて行ってもらったスキー旅行で、
親父の足のあいだにつかまって何度も滑った事があって、
その時に感じた父の優しさを50年以上経った今でも憶えています。

この子たちの記憶にどこかの一瞬でも残ってくれたら、いつかきっと何かの役に立つよ。


28 3月

卓球


昔から勉強や仕事は二流でも
こと遊ぶ事に関しては、そこそこいい線いってると自負していた私。
それがまた妻に負けた。
彼女は間違いなくかなりの才能の持ち主。
平日昼間に「ねえねえ、卓球したいと思わん?」という突然の電話。
妻にラケットの種類やグリップを説明するうちに、やりたくてたまらんようになる私。
自宅のダイニングテーブルで出来そうだし…

結局私から「早く買おう」と言い出す始末。

ラケット2個、ボール、ネット合わせて約¥3,000。
安いもんです。


描いていたイメージ通りの卓球台。
ネット張りはワンタッチなので、いつでもすぐに出来ます。

台の大きさもちょうど良い。
すばしっこい次女を「卓球女子」にでもするか。

しかしいつまでも続けるこのふたり。
パパとママにラケットを渡すと二度と返してもらえないのを感じているのでしょうか。

このあと10点マッチで妻との勝負。
ふざけているように見せても、ふたりとも実は結構真剣。
負けて本気で悔しがる妻。
一度たりとも勝たせるつもりはありませんから。


14 3月

ヤンキーペア


私がインフルエンザで自宅静養中なのに、

次女と長男。
このヤンキーペアが静養の邪魔をする。
ソファーで横になっている私を見つけると、すぐさま上に乗って暴れる。


このありさまです(これ私のお腹のうえ)
普段からたいがい活発なこのふたり。

私が昼間家にいると、休日と勘違いしてか完全におふざけモード。
手がつけられません。
とてもじゃないが静養どころではありません。

払い降ろすと周囲を歩き回る。

と、その夕方。
長男が38.5度の発熱。
おっと、とうとうお前もきたか。

すかさず小児科へ直行。
即刻A判定、タミフルブラザーズ。
残るは長女ひとりです。