26 12月

年の瀬


今年もあとすこしで終わります。
家族みんな無事に過ごせてよかった。

5年前に亡くなった私の父の仏壇に御礼と来年のお願い。

お線香に火をつけて、

おりんを打って、

さあ、手を合わせて何を唱えるか。
おじいちゃん、ありがとう。

あとから聞いたら、
長女は「友達がたくさんできますように」
次女はといえば「お金持ちになりますように」
…(°0°)
なんたること。
けしからん、が次女らしい。
きっと天国の父も腹かかえて笑ってるでしょう。
で、長男は

おまえ、どこ向いとる。

なにも唱えてない。

もともと仏壇の父も生前、近い親類のお葬式の最中に居眠りをして、私から起こされるような不届き者。その血は孫に受け継がれた。
でも、いいんです。
唱えても、唱えなくても、神様仏様は全部お見通し。
ここに来て、手を合わせる事が大切。
あとは、自分で頑張らなね。


19 12月

いよいよ始まった


ここ数ヶ月間で建設会社の方々と打合せを重ねてきた数カ所の規模の大きな現場。
その多くが契約をいただいて。
来年末まで、次々と完成させていかなければならない。
これから一年間、息つく暇も無いと思うけど、本当にありがたい事です。

そのひとつ目がいよいよ今月からスタート。


11階建てのマンションの外壁にタイルを張ります。
この現場ひとつで100万枚以上のタイルを張ることになります。

普通考えると気の遠くなるような作業。
職人さんたちは黙々と張り続けます。


そして絶対におこしてはならない剥離事故。
100万枚以上のタイルの1枚でも剥離してはなりません。
剥離落下したら人命に関わります。
各工程に細心の注意をはらって張っていきます。

今からの長丁場、なんとか乗り越えなくては…
ただ世の中は職人さん不足。
応援の確保は期待できません。
こうなったらウチの職人さん達に頑張ってもらうしかない。
頼りにしています。

ウチの会社はあなたたちの腕にかかっている。

よろしくお願いします。


15 12月

スマートウォッチ



スタッフのAくんがとうとうスマートウォッチを買った。
デジモノ好きの私とAくん。
「どうです!すごいでしょ!」的な態度で私に自慢しようとするも、

非常に装着し難いベルト。

やっと電源が入ったかと思うと今度はスマホと繋がらない(笑)

「あれっ?あれっ?」とか言いながらタッチ連発のAくん。
もう私、笑いをこらえきれないです。
このスマートウォッチ3千数百円らしい。
安いのは良いけど、吹き出しそうなくらいチープ。
「心拍数も出ますよ」と言うが、そんなこと知ってどうする。
その上毎日充電しないと電池が持たないなんて…
安物買いの銭うしない、と宣告。


これはwenaという私のスマートウォッチ。
というか、バンド部分に機能を埋め込んでるので時計は普通の腕時計。

使い込んで傷だらけだけど、すごく便利です。
着信やメールが来たら振動とLEDで伝えてくれます。
現場作業中で騒音の中でも気付きます。
電池も1週間保つから実用的です。

今度このニューモデルが発売されます。

着信元が表示されるようになってる。
きっと買います。3千円ではないけど。
税理士さん。経費じゃダメよね(笑)


13 12月

朝御飯


毎朝、私や子供たちより早く起きて朝御飯を作ってくれる妻。
もともと早起きは苦手なはずなのに。
ありがとう。

「朝御飯は大事なんよ」と言い、欠かさず作ります。
で、これが美味い。
健康にも良いんだろうけど、おいしいのが嬉しい。

これは2、3にち前の朝御飯。
美味すぎて2、3分で食べてしまいます。
早食いは健康に良くない。
ちゃんと噛んで、ゆっくり食べないとね。

妻と結婚するまでは、ろくに朝御飯を食べてなかった。
コンビニのコーヒーだけとか…
だからすぐ風邪ひいたり、いつもお腹こわしてた。
それが今では体調は絶好調。
妻に生かしてもらってるな、と、痛感します。


25 7月

切ない結婚記念日


昨日は結婚記念日。
記念日関係が苦手な私と妻。
夫婦揃って忘れてました(^_-)-☆
いかんなぁ…
思い出したのは私で、当日の夜9時過ぎ。
此の期におよんで「ホントに今日なん?」とすっとぼけた事を言う妻。
そう言われると不安になるけど間違いない。
私のグーグルカレンダーに書いてあったから。
続けて妻は言います。
「コンビニでワインとポテトチップスとハーゲンダッツ買ってきて〜」
なんと切り替えの早い奴。
でもいいアイデアではある。

買って来ました。
子供たちを寝かせて、テレビ見ながら飲んだり食ったり喋ったり…

普段となにも変わらんわ、コレ。
でも、こういうのがいい。

ロミオとジュリエット。

「ふたりの甘く切ない恋にふさわしい、ほのかに甘口のワイン」
吹き出しそうなくらいに、ふさわしくない。
こんな家庭に育つ子供たちもこんな風になってしまいそうなのが切ない。
将来、記念日を大切にする彼氏や彼女を持ったら苦労するぞ。

結婚して何年経ったか指折り数えて計算したら早いもので9年。
やばい。
来年は「スイート何とか」いう節目。
節目はどうでもいいけど、どこぞの宝石店には行かないといけなくなるかも。
これもまた切ない。


22 7月

思いのほか楽しむふたり


ふたりの娘が通う毎週一回のバレー教室。

私たち親の目的は、「身体を動かして健全に育って欲しい」こと。
早く言えば楽しんで欲しいだけ。
私も妻も学生時代の部活は体育系なので、あの楽しさを子供たちにもという単純な発想。
発表会やコンクールは苦手デス。
こういう思いにピッタリなのが「アンナ先生のシンプルバレー」
ポーランド人のアンナ先生が楽しく無理なく教えてくれます。
娘たちも始めてからもう2年を超えました。


最初は泣いていた次女も今では元気いっぱい。
私など到底無理な開脚180度もできるし、姿勢もシャキッとしています。

いつまで続くか半信半疑だったのですが、当たり前のように週一のレッスンに通います。
子供は親が思うより立派です。
小学生の頃、習字や絵画を習わされ「行ってきまーす」と言いながらサボって公園で友達と遊んでた私とは大違い。
エライね君たち。

(中央のワルガキは別)